芝生の最適なお手入方法|住んでいる地域によって品種が変わる

芝刈り機を使用する

草刈り

梅雨が明けて夏になると、植物の成長速度はアップします。6月から7月初旬にかけての梅雨で、沢山の水分と栄養素を吸収した植物は、夏の太陽の日差しを浴びることで大きく成長することができます。そのため、夏場は最低でも2週間に1度は芝刈りをしないといけません。住宅の芝生も夏は、ものすごい勢いで成長しますので、切り揃った芝生にするためには、定期的な手入れが大事になります。
夏場に庭で行なう作業は大変暑く、熱中症になる危険性もあります。そのため、少しでも作業効率をあげて、短時間で完了させるためには、ホームセンターや園芸店でお手入れ道具を購入しておきましょう。
一般的なお手入れ道具は芝刈り機です。ロータリー式とリール式の2種類が販売されています。ロータリー式は、円形の刃が高速で回転することによって、伸びた芝生をカットすることができます。また、リール式では。円筒状についた複数の刃が転がることで芝刈りができる道具です。自宅の庭のサイズや形状に合わせて、どちらにするかを選ぶといいでしょう。オススメはロータリー式の芝刈り機です。高速に刃が回転するために、切れ味が鋭く、非常に綺麗な仕上がりになります。そして、より効率を上げるためには、ロータリー式の芝刈り機の刃が複数の製品がいいでしょう。複数の刃があることで、芝生の刈り残しがなくなります。そのため、同じ場所を二度作業する必要がなくなるために、大幅に作業時間を短縮することができるでしょう。